狭小住宅にお住まいの方は注目!快適に生活するポイント

一軒家
間取り

狭いながらも工夫が可能

東京都は土地代が高く、土地のゆとりもないことから、狭小住宅を建築する人が増えています。狭小住宅のメリットとしては、土地代を安く済ませられる点や、固定資産税を抑えることもできます。また、住みたい地域に家をもつことが実現します。

家

都心に一戸建てを持つ

東京のような大都市の都心部で、一戸建てを持つことは、とてもハードルの高いものです。狭小住宅という考え方は、それを可能にしてくれる一つの方法です。狭小住宅に興味のある人は、狭小住宅の持つ特徴をしっかり把握し、様々な角度から検討していくことが大切です。

狭い家で快適に暮らす

室内

間取りをシンプルに

東京の狭小住宅を快適なものにするには、間取りをできるだけ単純にすることです。間取りを複雑にすると、コストも含めてデメリットの方が多くなるため、シンプルな間取りがお勧めです。間仕切りをなるべく減らすのも広く感じる1つの方法です。小さな部屋をいくつもつくると、狭いところがますます狭く感じられます。窓の使い方1つで広く感じさせることができます。その良い例が出窓です。出窓があると視線がずっと抜けていく感じで狭さを感じさせません。キッチンに出窓をつくり、そこにテーブルを連動させると広々としたイメージになります。東京の狭小住宅の場合、お隣もやはり狭く、お互いがひしめき合うように建っているケースが少なくありません。東京では風通しや日照には不利な条件ということになります。光の入り方などをよく検討して、日陰の部屋、風通しの悪い部屋ができてしまわないように気を配りましょう。光は窓の位置が高ければ高いほど部屋の奥まで入ります。ですから低い位置の窓では1部だけしか明るくできないことなども考慮しましょう。東京の狭小住宅は仕上げ材も工夫したいところです。部屋ごとに仕上げ材を変えるよりも、統一したもので仕上げる方が、部屋と部屋のつながりが出て印象として広く感じられます。その上、この方法をとるとコストの面でもメリットもあります。狭小住宅が抱える悩みの1つに収納の確保があります。これは設計の時点できちんと計画を立てることが大切です。

一軒家

快適なリビングダイニング

東京では少しの工夫で明るさを確保することで、狭小住宅を快適にすることができます。例えば天井にトップライトを設置したり、1階にプライベートルームを設けてみるのもよいでしょう。また、キッチンをセミオープンにすることで、家族での会話を楽しめます。