狭小住宅にお住まいの方は注目!快適に生活するポイント

家

狭いながらも工夫が可能

間取り

住みやすさの追求

東京都は住宅事情がとても厳しく、土地単価も高いことから、大きな家を持つことが困難な地域です。しかしながら、通勤や生活に便利なエリアでもあるため、どうしても東京都に家を構えたいと考える人もいるのです。そこで、限られた土地を有効利用して狭小住宅を建築する人が増えています。狭小住宅は十分な土地を確保できない東京都において、ニーズが高まっている住宅スタイルです。狭い土地に建物を建てるため、居住空間もおのずと限られてきます。しかしながら、土地代や固定資産税の高い東京において、狭小住宅は費用を抑えることができる効果もあります。土地が広ければ、その分、ラーニングコストとして毎年、必要になる固定資産税が高くなりますが、それを抑制することもできるのです。また、最近では狭小住宅を中心に設計をおこなってくれるハウスメーカーや建築事務所があるため、狭くても住み心地のよい住宅の提案を行ってくれます。収納面の工夫もされ、生活動線もコンパクトに設計してもらえるため、住む人のライフスタイルにあわせた住宅の実現が可能です。狭小住宅は中途半端なサイズの住宅よりも生活のしやすさや使い勝手の良さを考えて建築される点が魅力です。掃除や家事もコンパクトに行えるため、負担の軽減につながります。何より住みたいエリアに十分な土地がなくても建築することができるため、どうしても住みたい地域がある人にとってはメリットになります。狭いながらも様々なメリットがあるため、東京都内では建築希望者が増えています。